ニットのお手入れ

洗濯について

当社は、カシミヤの洗濯についてはクリーニングよりも「手洗い」を推奨しています。
幾つかの注意点に気をつけていただければ、カシミヤは自宅で手洗いすることが可能です。
長く着続けることで、柔らかく体に馴染むカシミヤ。 素材の特徴を知り、手間をかけて上手に付き合うことも、ひとつの“愉しみ”といえるのではないでしょうか。

  • 1洗い方を選ぶ

  • 洗濯機洗いの場合、ドラム式洗濯機はNGです。機種によって名称が異なりますが、「手洗いコース」「ソフトコース」「ドライコース」などやさしく洗うコースを選択してください。

  • 2洗剤を泡立てる

    常温の水を使い、洗剤をよく泡立てます。ウール洗い用洗剤の代わりにシャンプーでもOKです。

  • 3やさしく洗う

    すすぎます。その後は、柔軟材などで油分を補給します。柔軟材の代わりにリンスでもOKです。

  • 4すすいで油分補給

    軽く「押し洗い」または「振り洗い」をします。

  • 洗濯機洗いの場合、ドラム式洗濯機はNGです。機種によって名称が異なりますが、「手洗いコース」「ソフトコース」「ドライコース」などやさしく洗うコースを選択してください。

洗濯機洗いの場合はそのまま脱水へ

  • 5脱水する

    洗濯機をつかって脱水します。

  • 6かたちを整える

    元の寸法になるよう、平置きの状態で形を整えます。

  • 7干す

    風通しの良い日陰で平干しし、自然乾燥します。イラストのように、ハンガーを等間隔に並べて使うと便利です。

  • 8しっかり乾かす

    乾いた後も、しばらくは風通しの良いところに置いて完全に乾いてからしまうようにしましょう。保管する時は、防虫剤と一緒にしまいます。

洗うときの注意点

  • 洗いと脱水は必ず1枚ずつ短時間で優しくおこなってください。(洗濯ネットの利用も可能)
  • 長時間の洗いや複数で洗うと摩擦で縮みの原因になります。
  • 手絞りは絶対にしないでください。摩擦による縮みの原因となります。
  • 常温の水でも洗剤が溶ければかまいません。
  • 洗濯機(ドラム式以外)手洗いモードでも可能。なかなか取れない汚れはシミの可能性もございます。
  • お早めにクリーニング店にてご相談下さい。(クリーニングに出すお客様のためにドライの表示もございます)

上記の注意点を守った上で手洗いした結果、カシミヤが大幅に縮んでしまった場合には、「作り直し」または「返金」しますのでご連絡ください。

保管について

  • 着用の季節が終わりましたら、汚れを落としてきれいに洗濯してから保管しましょう。
  • 虫も繊細なカシミヤが美味しいらしく、食害に遭いやすいですので、保管には必ず防虫剤を施してください。
  • 防虫剤の成分は一般的に空気より重く、上から下へと効果が発揮されますので、一番上に置いてください。